私たちにどうと言ったことではない

2019.10.31

最近、量子関連の情報が広まっている。
引き寄せの法則を始めとした、心と現実の間を取り持つ量子に関して興味津々な人たちが、私のところにも大勢やってきている。その多くが、心熱き中年層の女性たちである。


量子力学は、アインシュタインでさえ、認めていなかった。どうして認められないかと言うと、単純に数式に表すことが不可能だからだ。

心の世界をどうして数式に表すことができよう。
例えば、幸せや、愛、憎しみ、友情などを数式で表す努力は、考えただけで不毛に思える。


では、どうして量子の存在を世界が認めたのだろうか。
それは、意識ある者の観察者効果による。


女性は直観的にこれらを何の努力もなく知る。数式などいらないのだ。
この心の直観世界が、観察者を伴った量子場の世界なのである。


一方で、量子の物理の側面だけを、取り出し工業的な装置、量子コンピューターや瞬間移動装置を考案するために、超優秀な科学者集団が今にも完成する勢いで励んでいる。この99パーセントは心という干渉を最小限にする努力なのである。

もし、量子でコンピュータが出来、それが気温の変化や心の影響で誤動作するなら、コンピュータとしての用を成さない。

だから、彼らは心の世界、意識の世界を排除する研究をしているのであって、心を対象とした研究は皆無に近い。
ここで、量子の本領は意識との関係であることを量子関連の人たちは百も承知だ。


ここが問題だ。
意識との関係は、工業的な製品にならないので、量子科学アカデミーのレベルでこれらの研究は排除されることになった。


これは、現代医学も同じで、気功や気、意識科学、またそのようなことに興味のある研究者をオカルトと称し、ボイコットしているのと同じだ。

だからと言って、私たちにどうと言ったことではない。

いや違った。。。どうと言ったことがある。

「心ある直感力を持っている人たちにとって、目の前に宝の山のごとく、手つかずの市場や未来がここにある」

現代科学よ、どうか、しばしの間この宝に気がつかないでもらいたい。
2019.10.31 20:11 | 固定リンク | つぶやき

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

- CafeLog -