湯たんぽを。。。

2020.02.18

最近コロナウィルスの恐怖をテレビニュースが煽っている。
もし、これが本物の恐怖すべき事であるなら


やるべきことは

いたずらに恐怖を拡大することではなく
意識力を拡大することだ。


恐怖が大きくなると、心や社会は分裂し冷えるために
身体の免疫力も低下するが
意識が高まると、愛が勝り社会は統合され温まり
免疫力は社会的集合力も含めて拡大する。


政治やニュース報道の方々で
人と人を恐怖で引き離す、あべこべの宣伝している。


細菌の伝染病ではなく、ウィルスなのだから
寒い心と細胞の隙間に忍び寄るが
春の温かさと共に
終息するに決まっている。


それなのに、なぜそれほどまで恐怖を煽るのか。

人間、愛にあふれ恋人のようなホットな熱は
ウィルスなど完全に消滅させてしまう。


免疫力を高める最も良い方法は単純に温かさにあるのだ。、
もし周りに愛が乏しいなら、


湯たんぽを抱きしめることさ。
昔、風邪ひいた時、布団の中でやっていた自己流法だが。。。。。



2020.02.18 22:35 | 固定リンク | 思いついた事

オシッコチョロチョロ

2020.02.17

うちの愛犬ゴエが痙攣して倒れた。
急に痙攣して床に万歳して動かなくなった。
30分ほどそのまま全く身動きしなかったので
家族から急電話が入った。


急いで帰ったところ、
車の音を聞くなり、ゴエのやつはすっと立ち上がったらしい。
家に入ってみるといつもと変わらず、じゃれついている。


ワンちゃんはそんなこともあるもんだと放っておいたが、
次の日、オシッコが2時間近くもチョロチョロし続けるのを見て
これは、腎機能が問題になっているようだと
量子場調整を試みた。


その後10分後問題になった。
。。。ゴエより私だ。


足が、犬のようにO脚で上半身が前方に歪んでしまったのだ。
その時、気がついた。
10年前に同じ経験がある。
量子場調整は、4足動物にはできない。
そのような波動に巻き込まれる。


その波動を消し去ることを思いついたが、
今回は自分より愛犬を優先し、犬と人間の
共通した波動を探し、修正を試みた。


1時間ほどの悪戦苦闘の末に、この技術展開が完成した。

つまり。。。つまり。
量子場調整は、動物にできる道を開いたのである。
もし、家族の愛犬が妙な症状で苦しんでいるなら
連絡してくるといいい。
一瞬で癒してあげよう。
2020.02.17 17:21 | 固定リンク | 思いついた事

遠隔調整

2020.02.15
依存は素晴らしい
様々な仕事が完璧な依存し合う関係になると、
超豊かな世界が生まれる。


これは愛のある真実に見える。
しかしこれは支配者、政治家の論理だ。


依存し合う関係で起業家は収益を上げる。
論理的には、全く正しいが
現実的には自分を捨てろということだ。
自分自身の免疫力や幸せ度を高める努力などやめて、
便利なより高性能のテレビや車を手に入れ
薬やワクチンを摂取しようという感じだ。
あたかも自然治癒力などないという感じだ。


依存し合うことで、現実的に無駄な努力はやめることの方が得策になる。
そのうちに、生きている実感さえ与えてくれる。


その延長の中で、気がついたら
強力なウィルスが流行って、外に出られない。


かくして人は、近い未来引きこもりの時代に突入する。

そうなってもいい。
量子場調整がある。
遠隔での創造が可能なのだ。
2020.02.15 23:43 | 固定リンク | 思いついた事

個性

2020.02.15

誰しも誕生と同時に、この世界に馴染もうと
まずは親の真似を始める。


その後、親の目線を見ながら、人気を取ろうとする。
その中で素晴らしく見えるスポーツマン選手や
有名人になろうとその真似をする。


それは、この世界に生きるための処世術だ。

しかし、大人になり親になっても、イメージを追いかけ
人まねをし続けるなら
自分の人生はどこかに行ってしまう。


ターニングポイントは、失敗の連続とその落胆によってやってくる。
それは、早くやってきた方がいい。


老年になって、自分自身を生きようとするのは、遅すぎることはないにしても難しい。

自分の人生が、結局人真似だったことに気がついても、それを押し通すしかない。

そこで、量子の話だ。

心が量子を伴って、自分自身を創造を始めた時に
人まねではない個性が現れる。


なぜだろうか。。。

それは、子供の頃からの真似事というイメージを吹き払うからだ。
2020.02.15 23:29 | 固定リンク | 思いついた事

本来の自分創り

2020.02.10
風邪は万病の元と言われるが、
反対に風邪は万病を治している可能性がある。


私もインフルエンザに今までに数え切れないほど感染しているが
その度に病気になったとは思えない。


逆に、40度ほどの熱を出しながらも、さまよっているうちに
風邪を引く前よりも、爽やかに元気になったことの方が多かった。


持論だが、

毎年年末あたりから、流行ってくるウィルスは、何を栄養源しているのか。
それは、疲れた場に集まる、疲労成分ではないだろうか。


そのために、ウィルスが去った後は、クリーンな場が戻る。
確かに、その間身体は発熱し、痰が絡む。
その度合いが大きい場合、呼吸に支障が起きる。
そのため、様々な病気を促進する可能性はある。


しかし、
ここで、免疫系や細胞が生き生きしている場合、
このウィルスは身体の中の疲労物質だけを、食していずれ去る。


ならば、
ここで大事なことは、感染しないことも確かな事ではあるが
感染しても、生還できるブレの少ない身体を創る事だ。


表現を変えるなら、本来の自分創りではないだろうか。
2020.02.10 01:12 | 固定リンク | 思いついた事

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2020 / 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

- CafeLog -