波動と直感

2021.03.17
 
波動の状態を身体に映し出す観察術を試行錯誤していた、あれこれ30年も前のことであるが、
歯の噛み合わせを自らの歯を削って実験していた時、重心の動揺を調べる必要があると思いついた。
耳鼻咽喉科でメニエル症候の検査に使っていた重心動揺装置に関心を持ち、波動で観たところ、1000万円出しても買えと示した。
早速業者に打診したところ500万円だという。
業者を呼んで、買うからと答えたところ、お粗末な治療所を見てか300万円でいいですよと言ってくれた。シンクロかと思いきやすぐに全額振り込んだ。


購入してみて、施術には使えない結論に達した。あまりにも微妙なのである。
しかし、自分自身の歯の噛み合わせと重心動揺の関係を調べることは出来る。
最初からそのつもりだったこともあり、毎晩施術が終わってから実験を繰り返し朝になっていたことも多々あった。


そんな熱心さが伝わり、歯科の先生数人の講座が始まった。
その中で、ある先生が僕はもっと精度の高い重心動揺装置を以前から使ってますと言う。
「いくらで買ったんですか?」と聞かれ
 「300万円ですよ」
「それはボラれたんですな、わたしは90万円で買いましたよ。それも両足コンピュータ表示ですよ」


なんと、ボラれた?自分の波動は間違ったのかと一瞬たじろいだ。
500万円のところ300万円と言ってくれたのは、シンクロが起きたと思い込んでいたところにボラれた?


こんな状態で、波動は当てにならんのかと思っていた当時を振り返り、今思うに
もしあの装置がなかったら、今の私、今の量子場調整がなかった。


それほどの、突破口を開いてくれたのはあの重心動揺装置だ。
1000万円でも私にとって必要だったのた。


観察による直観はお金や現実問題を超えた世界を観ている。
そのように思うようになった。
参考になるかどうか。
2021.03.17 11:36 | 固定リンク | 思いついた事

約束

2021.01.02

「必ず帰ってくる」と約束して飛び立つ戦艦大和の乗組員。
同じように、「必ず帰ってくる」と約束して飛び立つ無数の量子。


その量子は、私たちの心ある「意思」からこの時空間に旅立ち消えてゆく。
そしてその約束を違えず
いつか時間と空間を超えて私たちの中に帰ってくる。


その時、わたしたちは同じ身体や人生ではなくなる。

なぜなら身体も人生も、パラレル世界にシフトするからだ。
彼ら量子は、物を持ってくるわけではなく、
時空間そのものを持ってくるのだから。
2021.01.02 17:09 | 固定リンク | 思いついた事

騒ぎ出す

2020.11.02
日増しに量子の群れに勢いが増している。

それはちょうど、朝方太陽が顔を出す日の出前の明るさに似ている。
うっすらと明るくなり始めるため、その明るさで目が見え始める。


それと同じように、目には見えない量子の光が私たちの直観力を活性している。

その量子の光が、数日後に
いよいよ朝日が昇るが如く煌き出す。


同時に、周りで雀やからすが騒ぎ出すように、人間の社会も騒ぎ出すに違いない。

量子がその本領を発揮するその時の始まりだ。
だから、今みんな量子に注目すべきなのだ。


この量子の光が、昼間のような明るい強度になった時、慌てて目を開けると
目が潰れる。


だから今のうちにこの量子の光に脳を慣らさなければならないのだよ。
2020.11.02 23:39 | 固定リンク | 思いついた事

世界的なパニック

2020.09.14

早ければ今月末から来年5月頃までに
全世界的な途方もなく大きな変化がやってくる。


この変化は、世界的なパニックを起こすほどの大きな激変だ。
ここでは人生の価値観も意識から大きく変化せざるを得ないだろう。


この大きな津波のような変化は不思議なことに
物理的なことではなく
コロナ騒動がそうであったように風評に近い。


しかし、その風評は、とんでもない真実の暴露であるために
コロナ騒動の比ではない、パニックになりかねない。


私にとっては待ちに待った時!
ほどの喜びなのだが、社会にとっては
その素晴らしい世界の過渡期に、途方に暮れることになるのかもしれない。
2020.09.14 19:50 | 固定リンク | 思いついた事

とんでもない技術

2020.06.26

私は最近、とんでもないことを発見した。
最近と言っても、紆余曲折30年ほどかかっているのだが
その技術が、とんでもない施術の道を開いた。


それは、口腔の中に身体や心のあらゆる問題を一瞬にして解消できる。

どんな人も、身体や心に悪習を持っているが、それが同様に口腔に記憶されていることに気がついていた。
以前から知っていたのだが、その壁を破る突破口を長年探していた。
最近、その突破口が開かれたのだ。


使う道具は、鍼の尖った側ではなく、鍼柄という鍼を持つ部分を歯列そのものに直接使う。
だから、痛みは全くない。


どうしてそんな事ができるのかというと、歯そのものは、病気や症状の場を保持しているが、その状態を歯列を通して、反転させる事ができるのである。
その事で、重篤な症状だけではなく、若返りや多くの症状を消し去り、再構築できるのである。


その最初のモルモットは、私自身だった。
また、最後のモルモットも自分自身である。


この技術は、一世を風靡するに違いない。

そのことで、量子場がどれほど正確無比なものか、実感
を持って知るに至るだろう。


歯の噛み合わせによる重篤な症状の改善
2020.06.26 22:42 | 固定リンク | 思いついた事

 

- CafeLog -