そのことに気がつく可能性

2020.02.28
多くのイベントが中止になり、小中高学校も全国的に、3月15日まで一斉休校になった。
これは、コロナウィルスあっての良い側面かもしれない。
このことによって、働き蜂のように仕事に勉強に明け暮れている
習慣を変えることになる。


現代社会は、意識的な努力そのものだが、無意識的な努力に気がつく可能性がある。
もし、このことに気がつくと、人生や自分という考え方も変わるかもしれない。


それは、このようなことだ。
今までは、自分自身を社会や周りの状況、評価から考えることが主だったのが、自分の無意識の力がどの程度のものか考えさせられる。


免疫力もその一つだが、自分のより深い喜びはどこにあるのだろうか。
元気さも喜びも周りからくると思っていたことが、そのきっかけがなくなる。
何もしなくていいと言われる時代がやってくるからだ。


この時期はそんな時の予行練習のようだ。
だから、この短い時間に無意識的な努力のチャンネルを開くべきだと思う。


意識的な努力は、人、物、時間、出来事といった物理的な意識であるが
無意識的な努力は、イメージそのものに働きかけ、その変化を無意識に機が熟したように落とす。


例えば、免疫力といイメージを、自分の都合や必要性などを入れずに
意識そのものに見せることだ。
その時、意識という全知全能の意識そのものが、無意識に免疫力を形成する。


この方法は意識的な努力ではない。
意識そのものは努力する必要がないほど、圧倒的に高い能力をあらかじめ持っている。
そのことに気がつく可能性だ。
2020.02.28 15:52 | 固定リンク | 思いついた事

怯えた細胞

2020.02.26
ウィルスに最も弱い状況は、不安や恐怖にあります.

これは、ウィルスに限らず健康や対人関係、社会活動にも言えます

極端な話
 ライオンやトラに限らず蛇や猫でさえ、攻撃する前に威嚇しますが
これは、恐怖で能力が縮むことを知っているからでしょう。
 
ウィルスから見て、恐怖に怯えた細胞は格好の攻撃できる相手です。


では、最も強い抵抗力を持った、状態はというと
この反対で自然体にあります。


より自然体になる時、不思議なことに細胞も免疫能力も最も高い状態になります。
もし、このコロナウィルスの惨事に、恐怖で固まるようなことになると健康だけではなく社会の悪玉にもいいようにされますよ。


ウィルスは大火事の煙のように、いつか全て地に落ち着きます。
煙もウィルスもいつまでも、空中にいられないのです。
それまで、いたずらに恐怖の中に立ち止まるのではなく、可能な限り免疫力を高めましょう。
2020.02.26 20:40 | 固定リンク | 思いついた事

そうなるべくして

2020.02.21
量子は、時間空間を軽々と超える。
私たち、量子場師の仕事の半分は、遠隔調整である。


実際には、対面での施術も距離は近いが遠隔だ。
そうなるべくして、そうなのだ。


もし、身体の調整なら、物理的な接点を持たなければ施術にならない。
気功術にしても、指や鍼などの身体との接点が必要になる。


しかし、量子となると、物理的な接点や感情は邪魔になるぐらいで
意識そのものがこれらに捉われない必要がある。


もし、このことが、理解される時代が来るなら、
量子が大きな興味だけではなく、
世界中が必要性のウェイトを広げることだろう。
2020.02.21 20:07 | 固定リンク | 思いついた事

謎解き

2020.02.21
古代の遺跡やピラミッドなど多くの謎が
霧の中に隠れているが


同じように謎が
私たちの意識の中に隠れている。


世界の謎はいづれ誰かによって発見される。
しかし、自分自身の謎は、私たち自身によって
発見される必要がある。


解くべき謎は自分自身なのだ。

この世界に生まれて、社会に適応することに
囚われたが、
今その謎解きができる時代がやってきている。


コロナウィルスがこの社会の脆弱さを
さらけ出している今、この謎を解くチャンスだと思う。


その、謎を解くためのキーが量子の認識であることは
今や誰しも直観していることだろう。


このことなくして、どうしてこの霧が立ち込めた暗黒世界を探索できようか。
2020.02.21 20:01 | 固定リンク | 思いついた事

湯たんぽを。。。

2020.02.18

最近コロナウィルスの恐怖をテレビニュースが煽っている。
もし、これが本物の恐怖すべき事であるなら


やるべきことは

いたずらに恐怖を拡大することではなく
意識力を拡大することだ。


恐怖が大きくなると、心や社会は分裂し冷えるために
身体の免疫力も低下するが
意識が高まると、愛が勝り社会は統合され温まり
免疫力は社会的集合力も含めて拡大する。


政治やニュース報道の方々で
人と人を恐怖で引き離す、あべこべの宣伝している。


細菌の伝染病ではなく、ウィルスなのだから
寒い心と細胞の隙間に忍び寄るが
春の温かさと共に
終息するに決まっている。


それなのに、なぜそれほどまで恐怖を煽るのか。

人間、愛にあふれ恋人のようなホットな熱は
ウィルスなど完全に消滅させてしまう。


免疫力を高める最も良い方法は単純に温かさにあるのだ。、
もし周りに愛が乏しいなら、


湯たんぽを抱きしめることさ。
昔、風邪ひいた時、布団の中でやっていた自己流法だが。。。。。



2020.02.18 22:35 | 固定リンク | 思いついた事

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2020 / 02 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

- CafeLog -