本来の自分創り

2020.02.10
風邪は万病の元と言われるが、
反対に風邪は万病を治している可能性がある。


私もインフルエンザに今までに数え切れないほど感染しているが
その度に病気になったとは思えない。


逆に、40度ほどの熱を出しながらも、さまよっているうちに
風邪を引く前よりも、爽やかに元気になったことの方が多かった。


持論だが、

毎年年末あたりから、流行ってくるウィルスは、何を栄養源しているのか。
それは、疲れた場に集まる、疲労成分ではないだろうか。


そのために、ウィルスが去った後は、クリーンな場が戻る。
確かに、その間身体は発熱し、痰が絡む。
その度合いが大きい場合、呼吸に支障が起きる。
そのため、様々な病気を促進する可能性はある。


しかし、
ここで、免疫系や細胞が生き生きしている場合、
このウィルスは身体の中の疲労物質だけを、食していずれ去る。


ならば、
ここで大事なことは、感染しないことも確かな事ではあるが
感染しても、生還できるブレの少ない身体を創る事だ。


表現を変えるなら、本来の自分創りではないだろうか。
2020.02.10 01:12 | 固定リンク | 思いついた事

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2020 / 02 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

- CafeLog -