その人の心意気

2019.10.26


うちのかあちゃんこと妻朋美は、出会った時から芝居がかっていた。
そのかあちゃんが、しきりに誘う芝居の世界。


結婚して9年を迎える今まで、一度も芝居の誘いに乗ったことがない。
芝居やミュージカルの良さはよくわからないタイプだ。
普通は、断るのだが、今回は少々違っていた。


松本白鸚のラマンチャの男
パンフレットにこのように書いてあった。


「夢とは、夢を叶えようとする、その人の心意気だ」

この言葉を聞くなり、心のどこかで鐘が鳴り響いた。

はじめ、なんとも妙な世界と思いつつ観続けていると
芝居の中の現実と狂気の世界が交差しているのに気がついた。
だが、この狂気がまともに見えてくるのは不思議だ。


 一番憎むべき狂気とは、
 あるがままの人生に、ただ折り合いをつけてしまって、
 あるべき姿のために戦わないことだ


これは、私たちの状況に似ている。

健康な頃は、現実に重きを置いていたものが、徐々に妙な習慣や
症状や病気、狂気と重なる。
そしてそれが、真実であるように折り合いをつける。
それが、憎むべき狂気であると言っているアロンソ・キハーナことドンキホーテ。


この男、ドンキホーテはこの狂気と戦っているのなら、非情なほどまともなのは彼の方だろう。

この言葉と符合して思うところは同じだ。

「夢とは、夢を叶えようとする、その人の心意気だ」

松本白鸚「ラマンチャの男」に感謝!誘ってくれたかあちゃんにも感謝!

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2019 / 10 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

- CafeLog -