そこに神がいた

2019.11.13

動物には、時に人よりも真摯な犠牲者意識がある。
しかし彼らといえども、人間のモルモットになって、薬学や科学のために犠牲になろうなどとは思っていないだろう。


もし、モルモットが人間だとしても、その犠牲がどれだけの真実を語るか知れたものではない。

ある時期いくつかの医科大学で、歯の噛み合わせ状態が健康状態に、どのように関係するか研究論文がしきりに提出されていた。

 例えば、学生を対象とした実験では一番奥の歯の親知らずを、故意に1ミリ低くすると、身体や精神にどのような変化があるか等等、統計的に調べたものだ。

その前後に、犬の歯の噛み合わせを故意に数ミリ左右にズラすとどうなるかの実験がされ、その内容は、新聞にも報道された。

実験犬5匹のうちの、ほとんどが背骨が曲がったり、様々な症状をの中でヨダレを垂れ流し、最後は半狂乱でのたうちまわり、立てなくなり早死にした。

歯科だけではなく、医科科学もこの関係を、明らかにしたいと多くの学者が、トライしたが難しい問題に突き当たった。

1、動物保護の問題
2、それほど危険な実験を人に対してできることなのか
3、もし、そのことに同意した健康な男女がいたとしても、
 ある人は何となく頭がぼんやりした
 ある人は、胃が重い
 ある人は何ともない


統計にもできないほど、微細で、人によって異なる。

そんなわけで、人の場合、歯がなくなるまでも実験するわけにはいかない。

だから、この問題の解明は今も頓挫している。

そこへ持ってきて私の出番だ

これらのことを、承知で自分自身をモルモットにして、自分の歯がなくなるまで、意図的に歯を削り、歯列と身体の実験を10年以上にわたって調べた。

結果は散々、まさにの犬のヨダレを垂れ流し、たうちまわる気持ちがわかった。
その中で、歯と身体の規則的な関係は曲がりなりにも掴んだが、その窮地は半端ではない。


しかし、しかしである。
ここに救済者がいた。


そこに神がいたのだ。
その名は量子である。


思いに即して
時には魔人のように、時には女神のように現れ出る、目に見えないほど小さな神が。

彼らは、歯のかみ合わせなど、一瞬に変えられる。
2019.11.13 17:38 | 固定リンク | つぶやき

観えるのさ。。。

2019.11.13
男性は犠牲者意識が本能のようにある。
動物でさえ、家族を守るために、何の見返りも顧みずオオカミやライオンの犠牲になろうとする。
人間は、もっと込み入った犠牲者意識がある。
戦争にさえ国や家族のためと真に受け、命さえ差し出し、インフラを整えるために地下に潜り泥だらけになって頑張ってきた男性意識。


ここで、何が言いたい事かというと

これから女性の華々しい時代がやってくる!

男性の仕事が、来るべき素晴らしい時代の仕上げに向かっているからだ。
どんな素晴らしい時代がやってくるのだろうか。


決まっている。
心の世界、量子の時代だ。


この世界は、人間自身の解放になるだろう。
医学や科学が病気を解放するだけではなく、量子そのものが意識を含めて根こそぎ人を解放する。
だから、今時熟して、心ある女性たちが量子を理解するべきだ。


その事で、女性が子供達を育ててきたように、人間の眠っている今は小さな潜在能力そのものを育てる前代未聞の世界になる。

どうしてそんなことが言えるかって?
観えるのさ。。。
2019.11.13 01:53 | 固定リンク | つぶやき

帆を立てる

2019.11.12
ある人は朝顔も洗わずいつものマンネリ人生に嫌気がさしながら、1日の生活が始まった。
ある人は、身だしなみを整え今日は昨日よりもマシにしようと意気込んで仕事に出かけた。
ある人は、ビジョンを決まったポジションで描き、心地よいエネルギーと共にいつもの1日が始まった。

ある人は、惰性で1日が終わる。
ある人は、ボートを漕ぐごとく、猛烈な勢いで頑ばり、へたへたになって1日が終わる。
ある人は、ボートに帆をたて、風に乗るように、1日が始まり、酔い心地で1日が終わる。

二つの例の1番目は、普通。
     2番目は、男性的
     3番目は、量子的だ

問題は何もないが一番優雅なのは、3番目かもしれない。
もし、そのように思うなら、ここにちょっとだけ問題がある。

決まったポジションでのビジョンって何?
2019.11.12 11:19 | 固定リンク | 未分類

新相性関係

2019.11.10
私たちは誰しも
身体と感情、精神(心)を持っている。


もし身体がないなら、お化けだし
もし、感情がないなら生きている心地はしないだろう
もし、心がないなら、この世界がどこなのかわからない。


だからこの中の一つが欠けても、生きている心地がしない。

ここで、量子場風の相性占いを提案してみたい。

身体に意識が強い人は、論理的で、欠点は支配的
感情に意識の強い人は、パワーがあるが、自分を誇示する傾向
心に意識が強い人は、理想を愛し説教したがる


身体はチョキ
感情はグー
心はパー


三つ巴だ。

健康オタクや身体を資本に生きているスポーツ系は、支配的にならざるを得ない。
なぜなら、身体そのものが支配構造になっている。
もし、身体を支配しなければ歩くこともできまい。


ボスママや、権力者は覇権的にならざるを得ない。
なぜなら、感情そのものが押し出す勢いそのものだ。
もし、勢いがなければ、臨機応変で強い声が出ない。


作家や、ルポライターは架空の世界や理想と戦い夢を見る
なぜなら、心そのものが、探索しさまようのが仕事だ。
もし、心が働かなければ、動こうとしないだろう。


この三つ巴は、このように使う。
(思い付きだからあまり真に受けない方がいいかもです)


論理的、支配的な人に対してうんざり。その場合、時々感情を表現する。
それができない場合、感情的な人を呼んでくる。
支配的な人は、黙る。グーに負ける。


感情的なうるさい人にうんざり。その場合自分の理想を高々と話し出す。
それができない場合、小説を読むふりをするか、理想を語る人を連れてくる。
感情的な人は、理想に疎い。パーに負ける。


理想ばかり話して、その夢のような話にうんざり。その場合ストレッチなどの運動を始める。
それができない場合、スポーツ番組を見せる。
夢を追いかける人は、現実に疎い。チョキに負ける。


誰が、考案したかグー、チョキ、パー
揉め事にも、すぐにかたがつく、
ジャンケン、ポン!
なかなかのものです。


ちなみに私は、少し理想家の傾向
そんな時、かあちゃんは、決まってストレッチを始める。
2019.11.10 12:29 | 固定リンク | 思いついた事

三つ巴

2019.11.10
ジャンケンはグーチョキ、パー片手だけで勝負を決められる。
うちのかあちゃんともよくジャンケンで物事を決める。
何度も事あるごとにやっているので、最近は声だけでの3回勝負が多い。


この三つどもえの関係は、世界の三つの価値観とも符合しているように思う。

グーは拳を固めるので、中国的なパワーを感じさせる
チョキはハサミのように巧妙に世界を支配しようとする西洋
パーは全体を意識つつ、和を重んじる日本社会


日本人のようなパー意識は、西洋の支配的なチョキ意識に負ける。
西洋のチョキはいずれ中国のパワーのグーには負けるだろう。
しかし、そのグーのパワーに日本のパーは勝つ。


パワーと支配、それと調和を重んじる和の社会

この三つは、同じように量子場でも言える。

支配構造を持った、身体
陰陽の揺らぎの中にあるパワー
意識によって自在に変化する量子


この三つの構造が、量子場の3重構造である。

そのため、このグー、チョキ、パーのどれがなくても円滑な世界にはならない。

つまり、この世界から支配が消えても、覇権が消えても、和の意識が消えても
この世界は存在できないのだ。


だが、そのようなところから、世界を達観している量子場ではない。

ここに何があるのか。
それは。。。
人類のロマンがここにある。
デカいこと言い過ぎたか。。。。。。


。。。考えても見て欲しい

ある人は支配したがり、
ある人は、力を誇示したい
ある人は、現実の最中に自由を求め夢を見ている


その中で、人も、この世界もブレまくっていて、それはそれで楽しいところがあるが、結局はいじめ、いじめられる関係の縮図なのではないだろうか。

これらを超えるロマンがある。。。

3っつの世界を同時に超えることだ。
量子場の科学はここに向かっている。


ここで、、、、
誰にも、想像さえできない直観世界が待っているに違いない。。。。


少し、飲みすぎた。。。。。もう深夜、一人ジャンケンしてもう寝よう。
2019.11.10 01:50 | 固定リンク | つぶやき

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2019 / 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

- CafeLog -