ルーツ亜体験

2019.11.09



昨日から、軽井沢へ小旅行、岩尾家のルーツ亜体験だ。

親父の弟は、10年ほど前に95歳で他界した。叔父は生涯独身貴族を通し、少なからずの遺産を遺言で、一族郎党全てに分け隔てなく残したツワモノだった。

その叔父が、生前多額の費用で岩尾家のルーツを調査するよう専門家に依頼した。その調査によると私たちのルーツは岩尾城の城主であると結論し、その調査結果を本にして残してあるらしい。

そんな話を兄から聞き、その真意はわからないが、ひょっとしたら、自分の先祖がさまざまな思いを残しているかもしれないと思いたち、今回岩尾城跡を訪れた。

軽井沢ホテルエキシブの宿泊先より車で二十分、岩尾城跡があったが、荒れ放題で城の痕跡は看板があるだけで何もない。しかし静かに目を閉じていると、あっという間に数分が過ぎ、かすかな意識の風を感じたように思う。

兄から城を追われたらしい先祖が、隠れて生き延びたことは聞いていた。そんなところから、想像するに、私自身の子供からの性格もいつも目立たないところを好むところがあった。その性格は、私だけではなく、兄も親父も親戚もそんな感じだ。
その中で、一番表に出ているのは私だろう。そんな私もかあちゃん事、妻朋美を前に推し出し、後ろに隠れる事をいつも考えている自分がいる。


もし、それが先祖からのトラウマであるなら、この調査を真に受け自分自身を解放してみようかと考えた。
自分には、トラウマらしきものが無いと思っていたところ、こんなひょんな事から変容すべき、トラウマを見つけた気がする。


もう一つある。
もし、先祖が良い城主なら、幸せや豊かさを下々にも届けようとした良い徳があったに違いない。
量子場は宝の山であるが、その宝を先祖の城主や、叔父のように縁のある人に分け隔てなく、届けるのは、先祖が培った良い徳が行う自然な事なのかもしれないと思った。


これは、独り言、つぶやきである。
2019.11.09 00:05 | 固定リンク | つぶやき

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2019 / 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

- CafeLog -