量子を変化させているのは意思で、意識ではない

2019.10.02
こんな質問がすぐさまやってきた。




「量子場調整では、気や神頼みの類ではなく、意思を使うことを知りました。
ここで、「量子を変化させているのは意思で、意識ではない」という内容がよくわかりません。そのことをもう少し説明していただけないでしょうか」





例えてみましょう。多くの迷いが消え去ります。

太陽が地球上にさんさんとした光を投げかけています。
ここで、地球上の天候は何によって変化するのでしょうか。
ここで太陽は、創造する力ではありますが、天候や地球の環境を変化させるのは、雲です。


意識あるものが、人生に夢を描きます。
ここで、人生は何によって変化するでしょうか。
ここで、意識は、創造する力ではありますが、人生を左右するのは人間の夢であり、意思であり行動です。


意識は私たちの背後からさんさんと輝く太陽に似ています。
太陽がどんなに大きな力を持っていたとしても、
勝手にその人の人生を創造するのではなく、創造者は私たちの意思なのです。


それは、太陽が誰しもの分け隔てのない力であるように
意識は私たち、誰しもの分け隔てのない共通した神のような力です。


ここが量子場調整の大きな発見です。

「一人一人の意識は一つのものである」




これは、私の太陽と他人の太陽は違うと思っていたことが、実は同じ太陽だったほどの錯覚です。量子場調整が他者に対して施術できるのは、この証明です。

私たちは、みんな太陽のような意識に照らされた意思であり、その影が私たちの身体であり、人生なのであるなら事は簡単になりませんか。
2019.10.02 14:51 | 固定リンク | 思いついた事

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2019 / 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

- CafeLog -