みんなびっくりするぞ

2020.01.08

議論空論に明け暮れた、前年度までとは異なった実質的な変化がやってくる。
その実質的な変化の幕開けのように、イランとアメリカの間でミサイルが飛び交った。


これは、象徴的な出来事だと思う。

世界はより理解され価値観を共にすることになると思う。
議論やそれぞれの宗教思想は空論であることに気がつくのかもしれない。


普通過去は実質で、未来は空論だと考えている。
これが逆になる
過去は空論で未来が実質になる。


本質的なものは、意識であり
意識によって創られた音楽や造形芸術は共通した実質世界を創るが
過去の出来事や、感情、思考は物理的、つまり空論だ。


思考や感情の背後に、意識がある。
この意識が太陽のごとく共通した価値ある価値観をもつなら
世界のいざこざも、個人的な騒動のいざこざも氷解するに違いない。


もし、量子の意識的な側面に気がつくなら
私たちの関心は未来に向けられざるを得ない。


未来が誰しも創造できるからだ。

いざこざの本当の問題は
未来が過去の直線だと思うからだ。
現在は過去からの結果だと思うからだ。


原因と結果の考え方そのものが、直線的な生き方になる。

量子は、原因結果の世界とは違う。
現状が、容易に未来に向かってシフトする。
量子の技術が公になると、これは当たり前の状況になる。


量子場変容術が
全ての人を、エスパーのように変容する道具として完成した。
みんなびっくりするぞ。
2020.01.08 14:13 | 固定リンク | 思いついた事

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2020 / 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

- CafeLog -