面白い現象

2020.03.06

意識的に頑張っている時は意識的
全く頑張るつもりもなく成り行きに任せている時は無意識


誰しも意識、無意識の間をスイッチしながら生活している。
そのスイッチが、片方に傾きすぎると身体も心も関係性さえも
行き詰まらざるを得ない。


この意識と無意識のブレが小さくなるに従って
潜在意識が意識の中に浮上してくる。


これは面白い現象だ。

逆に
依存性が増すに従って、このブレは必然的に大きく
潜在意識は全くその影さえ見えなくなってしまう。


今の社会の不安定な状態の中で、不安を煽り立てるマスコミ、
このことで、意識が反応だけになってゆくなら、社会的にも
大きな隙が生まれる。
この間に、おかしな条例や緊急事態宣言を可能にする法案が
13日にも可決成立するらしい。


このことで、今までの公務員の態度が一変する。
「今までは気をつけてください!安全なところにいてください」から
「気をつけろ!ここから出るな!」のような丁寧語が徐々になくなる。


意識と無意識のギャップは、潜在している自分自身の
健康や多くの価値ある能力を明け渡す隙なのだ。
2020.03.06 19:13 | 固定リンク | 思いついた事

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2020 / 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

- CafeLog -