細胞から美しくなる

2020.03.26

宇宙からの量子にさらされると、どうして美しくなるのですか?
という質問を受けた。


よっく聞いてくれました。
それは、こんな感じです。


洞窟に長く住んでいると、目が萎縮してチンチクリンの眼に
なってしまいますが、光に慣れるにしたがって活き活き輝き
美しくなります。


同じように、量子に意識を向け慣れるにしたがって、チンチクリンの
細胞が直観力を得て活き活きと美しくなるのです。


ここで、過渡期があります。
長い間洞窟の暗闇に慣れている人が、光にさらされると一時的に
緊張感が高まります。


この時に
もし親や仲間に、光は心に悪いものだと諭されると、
不安なところでそんな感じでもあるので洞窟に逃げ込むでしょう。
ここに
光と意識の間で条件反射が成り立ちます。
このことによって、死ぬまでチンチクリンの眼で洞窟を出ないことになります。


同じことが今コロナ騒ぎを含めて起こっている真っ最中です。

この量子の時代、直観から目を背けると永遠にチンチクリンの身体で終わります。
肉眼は量子を見ることはできませんが直観は観ることができます。


今の今、
ここ東京はコロナのオーバシュートの瀬戸際と言っていますが。


量子の世界も今のいま
世界的に進化か退化かの、オーバシュートの瀬戸際にいます。


直観に目を向けるのはおそらくガイドが必要ですね。
量子の性質は、時空間は関係ありませんので、どこにいても
遠隔でのガイドができますよ。
2020.03.26 11:59 | 固定リンク | 思いついた事

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2020 / 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

- CafeLog -