子供の頃はあった

2020.03.31

子供の頃、創造する力は万全とあった。
だが何を創造すればいいか分からなかった。


大人になって、何を創造したいかわかってきた。
だが、創造する能力そのものが無くなってしまった。


ここで、今私たちの前に立ちはだかっているのは
悪習のかたまりであり、勘違いであり、失敗であり不安だ。
それらの後遺症と現実が壁になっている。


これらの事が、創造力を煙のように覆いかぶさり
何がなんでなんなのか、わかりようもない。
だから
これらを払拭するのは、ほとんど不可能だ。


誰しも習慣という過去を変えることは
難しい。
それが悪習であるならなおさらのことだ。
超気持ちがいいからだ。


だがその気持ちの良さに漂うとすぐに
病気や老化の波が押し寄せる。


しかし、、、
悪習といえど全くの不可能ではない。


ここに、技術があれば。。。

ほとんど不可能な、人間が空を飛ぶことを
可能にしたのは
飛行機という技術である。


同じように、この不可能を可能にするのは
技術にほかならない。


ここに
量子で創られた技術がある。
今の今、不安や恐怖を超え、壁の向こうに繰り出す
最も熟した時がやってきている。


宇宙から、莫大な知識と冒険心を持った
量子群がやってきているのだから。


冒険のその時はやってきている。
子どもの頃に持っていた創造力そのものを
取り戻す冒険。


子供の頃と違って、創造するべきものは知っている。
愛であり、幸せであり、自分自身の輝く自分自身である。


それらは、勝手に創造される。
悪習やらなんやらを手放すならば。。。。
2020.03.31 00:15 | 固定リンク | 思いついた事

細胞から美しくなる

2020.03.26

宇宙からの量子にさらされると、どうして美しくなるのですか?
という質問を受けた。


よっく聞いてくれました。
それは、こんな感じです。


洞窟に長く住んでいると、目が萎縮してチンチクリンの眼に
なってしまいますが、光に慣れるにしたがって活き活き輝き
美しくなります。


同じように、量子に意識を向け慣れるにしたがって、チンチクリンの
細胞が直観力を得て活き活きと美しくなるのです。


ここで、過渡期があります。
長い間洞窟の暗闇に慣れている人が、光にさらされると一時的に
緊張感が高まります。


この時に
もし親や仲間に、光は心に悪いものだと諭されると、
不安なところでそんな感じでもあるので洞窟に逃げ込むでしょう。
ここに
光と意識の間で条件反射が成り立ちます。
このことによって、死ぬまでチンチクリンの眼で洞窟を出ないことになります。


同じことが今コロナ騒ぎを含めて起こっている真っ最中です。

この量子の時代、直観から目を背けると永遠にチンチクリンの身体で終わります。
肉眼は量子を見ることはできませんが直観は観ることができます。


今の今、
ここ東京はコロナのオーバシュートの瀬戸際と言っていますが。


量子の世界も今のいま
世界的に進化か退化かの、オーバシュートの瀬戸際にいます。


直観に目を向けるのはおそらくガイドが必要ですね。
量子の性質は、時空間は関係ありませんので、どこにいても
遠隔でのガイドができますよ。
2020.03.26 11:59 | 固定リンク | 思いついた事

カラスの勝手

2020.03.24
量子に世界中の関心が注がれている。
それも当然といえば当然のことだ。


量子は意識とコンビのものであり、意識は
精神と切り離せない。


心が量子を伴って身体や人生に関係していることを
直感し、またその素晴らしい可能性が見え隠れしている。


深い夜に朝日が差し込んでくると、誰しも目を覚ます。
同じように、私たちの地球が、銀河が高い光にも似た量子の群れに
さらされているがために、
誰しも目を覚ますが如く意識が活性し始めている。


まさに銀河の夜明けなのである。

しかし、ここに多少の問題がある。
洞穴の中に長い間いると、光が目や精神に今までにないストレスを感じる。


この場合、二つの可能性がある。

一つは暗い洞穴に逃げ帰る。
もう一つは、そのストレスに向かって順応してゆく。


ここに、過渡期がある。
その時期が今である。


夜行性の意識を持った動物もいるが、彼らは騒ぎ立てるだろう。
同じように、負の意識をもった人たちがいる。


彼らの領域はこの地球にいられなくなることを知って
私たちに恐怖を植え付けようとする。


それが、コロナ騒ぎである。

洞穴から、外に出さない策略だ。
恐怖は量子の光に向かうことを拒絶させるに都合がいい。


その策略がうまくいくと、私たちはより美しく進化する可能性を失う。
量子が目を覚まそうとするが、頑なに家に隠れて過ごす引きこもり人生になる。


それを支援するかのように、仮想現実が創られつつある。
それとは反対に、その苦痛を和らげるために美しい助け舟がやってくる。


どちらを選ぶかは、カラスの勝手だ。
2020.03.24 20:04 | 固定リンク | 思いついた事

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2020 / 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

- CafeLog -