暗中模索さ

2019.12.18
スピリチュアル系のお話のなかで
素晴らしいことがたくさんあるが
よく理解する必要がある。


例えば、
禅でいう全ては空である
宗教でいう全ては愛なのだ


それは真実ではあるだろう。
しかし
初めからわかったように
そのように理解してしまうと
何も起きない。


歪んだ考え方や、無謀な愛着が体験の中で消えてゆく
ことで、まともな空や愛の可能性がある。


もし、修行僧が求めてやまない空や、
誰しも求めている真実の愛が
初めからわかっていたら
それでおしまいだ。


自分の空虚さは、現実感の不足だと気がついた時
その空虚さがよりまともなものを引き寄せる。


自分の愛は、結局自分の都合だと気がついた時
その愛が、よりまともな体験を引き連れ
まともに変貌していゆくことになる


そして、
いつしか空そのもの
いつしか愛そのものしか残らない時が来るかもしれない。


何者にも汚されていない
純粋な空や愛だけ残る時


その時、自分自身を含んだ未知の扉が開くのだろう。

自分の子供や周りにおせっかいするのが
愛だと思い込んではばからないとしても


その体験で、それは自分の純粋な愛ではなく、
自分の幾分かの都合だと気がついたところで
愛の方向がもう少しまともなものに向かう。


その体験をさせないような、仕組みが
社会的な常識の中につくられている。


みんな自分自身を知ってるよね
みんな愛を知っているよね
みんなセックスを知っているよね


その真価を本当には知らないのに
知ってるという集合的な常識の嘘だ。


進化しようにも、始めから分かりもしない倫理や説教を
飲み込んでしまうと、何が何やらわからなくなる。


そんな私も
暗中模索さ。
2019.12.18 13:54 | 固定リンク | 思いついた事

猫ちゃんとワンちゃん

2019.12.17
一般的に
食べるのが早いの方が頭が良く
逆に遅い人は、感覚的に優れている傾向がある。

その謎が、解けた。

私の家に、2ひきの猫と1匹のワンちゃんがいる。
その食べ方を、見ていると
猫は舌をよく回し頭まで回しながら
美味しそうに食べるが、ワンちゃんと
言ったら舌も顔もまっすぐにして瞬間だ。
まるで、うちのかあちゃんだ。
うまそうな時は、一層食べるのが速い。

猫は舌の奥の部分をよく使っているが、
犬は舌先で一瞬に食道まで運んでしまう。

味を感じる時間などない。
しかし、舌の先が反射的に美味いかどうか
判断できる。

これを人間に当てはめると
こんな感じだ

頭のいい人は、舌の先が鋭敏だ
感覚的な人は、舌の奥の味覚が豊かだ。

これは、おそらく子供の頃からの
習慣になっているだろう。

だから指摘して云い聞かせても出来ない。

ここで、量子場が登場する。
ゲート32の技術で潜在意識と顕在意識の
タイミングを修正する。

あっという間だ。
そのことで、頭のキレと感覚の楽しさ
両方を手に入れることができる。
びっくり仰天だ。

ちなみに私の場合は、
猫よりも長く味わっているせいか
思考が遅くて周りについていけない
ことしきりだ。
2019.12.17 17:21 | 固定リンク | 思いついた事

悪いな!

2019.12.17
未来のゲートを開く
そんなことができるのか


できるのさ。
クリスタルゲート32だ。


この中に
ゲートを開く五つの技術が設定されている。
その中の一つが
未来のゲートを開くことだ。


どんな風に

簡単に説明すると
どんな人も思いが現実になればいいと思っているが、
そのようにならないのに、理由がある。


1番の問題は、
タイミングの問題だ。


思いを描いた時に、目の前が思考の渦で曇っている
少なくとも、その瞬間は思考の渦を止めなくてはならない


しかし、そんなことは難しい。

だが、ノウハウがある。
思考の渦を一定方向に回転するんだ。
そうすると、意識の中心に何もない、空間が現れる
その瞬間に、ビジョンのタイミングを合わせる。


そのことで、意識が直接ビジョンを観る。
つまり神が直接現実を創造し始めるのさ。


欲でいっぱいの人間でいるなら、本来創造などできない。
できるのは、過去の繰り返しや人真似ならできる。


創造は自分ではなく意識が
直接創造していることに
気がつかなければならない。


その回転のノウハウを教えて欲しいって
技術はクリスタルゲート32でこっそり教えるけど
思考の回転法に関しては
量子場師が日本全体を包むまで
秘密だ。
悪いな!
2019.12.17 16:56 | 固定リンク | つぶやき

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2019 / 12 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

- CafeLog -