とんでもない話

2019.12.25
人間、とんでもないことをやらかす。
電気を発明してから、そう月日も経ってはいないにも関わらず
電話や、テレビを創ってしまった。


アフリカの住民は、その箱の中に人が入っていると
怒り心頭だった。


その後、数十年経って、彼らもスマホを当たり前のように
使いこなしている。


一方で、食べるのもやっとの世界で
空を見上げると、轟音とともに大きな鳥が飛んでいる。


自分たちの現状をよそに、
何万メートルもの上空で、食事をしていること
も知ってはいるが、自分たちと現実があまりにも違う。


しかし、
幸せを考えるなら、さほど変わらない。


食べたくもない粗末な食事を空の上で食べている人間。
苦労の末に食べ物にありつき、口にいっぱいの幸せ。


何が幸せなのか。
物理的な科学技術が、それほどの幸せを創ったわけではない。


しかし
しかしである。


意識の科学は、人間質的な変化を起こすのだ。
意識と無意識の間に
橋をかけること


それは、人間と神の間に橋をかける
誰しも求めてやまないものがここにある。


超裕福な人間も過酷なサバイバルにいる人間も
同等な、幸せがここにある。


宗教の話じゃないよ。
とんでもない話さ。
2019.12.25 22:06 | 固定リンク | つぶやき

赤い糸

2019.12.25
ある人は、身体を動かそうとしても反応がない。
ある人は、妻に話しかけてもシカトされている。
ある人は、仕事をしたいが、そのスキルがない。
ある人は、死にたいが死ねない。


不幸とは、思うようにならないことだ。

だが、自分の能力を含めて思うように変える力があるとしたら
誰しも、求めてやまないだろう。


それが、意識と潜在している意識との間に
橋をかける技術だ。


それはちょうどこんな感じだ。

深い谷があるとする
その間に橋をかけたい。
しかし、あまりにもその谷は深く恐ろしい形相をしている
橋をかけようにも、その幅100メートルもあり、単純に丸太を渡して
架けることなど不可能だ。


そんな場合、こんな方法がある。

石に糸を結び、その石を何百と向こう岸に投げる。
その糸を結わえ、その糸の束にロープを結わえ、
その次に何百というロープをガイドに繋ぎ合わせた丸太を通す。
その丸太をさらに強固になるように、強固なロープで橋を吊る。


このようにして、最初は細い糸だったが、次第に現実の橋がかかる。

ここで、この糸よりも細い糸がある。
それは、想像の糸だ。
それが量子の糸である。


その糸は、運命の赤い糸に似て、目に見えないが
本物を引き寄せるのだ。
2019.12.25 00:35 | 固定リンク | つぶやき

だから天才なのだ

2019.12.24
私たちの心臓は、休みなく何十年も働き続ける。
休みは死だ。


身体は眠っている間確かに休んでいる。
脳も眠って休んでいるように見える。
休暇の間、仕事は休んでいる。


しかし、意識は休んではいない。

朝起きた時に
「身体を休めたから、元気を取り戻した」
このように考えるのが普通だ。


だが、
異なったの観方もある。
意識がヒーリングさせるように潜在意識を活性した。
休んでいたのではなく、働いたのである。


休暇で休んでいた時も
休んでいたのではなく、新しい世界観を活性したのだ。


そのように、思えるなら
量子場調整は理解されやすい。


量子場調整は
潜在意識を活性し、自分らしさを取り戻すことだ。


これを
量子場の基本で表現すると


立っている姿勢は、垂直に立ち上がるエネルギーを活性させる
仕事をすると水平軸のパワーを活性させる。
眠っている時、潜在している意識を活性し、目の前をクリアーにさせる。


このように
私たちの意識はシフトしているが
休んではいない。


確かに身体や精神は休む必要がある。
しかし、意識さえ休ませる必要があると
思い込んでしまうと、おかしなことになる。


意識は、心臓よりも休む必要がないのである。。。。
意識を休ませると、間違いなくこの世界から消える。


世の天才たちは
彼ら自身の仕事を休ませるという考えがない。
意識が仕事をしているからだ。
だから天才なのだ。


彼らは
あ〜疲れた。疲れた。。休みたーいなどとは
決して言わないのである。
2019.12.24 00:02 | 固定リンク | 思いついた事

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2019 / 12 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

- CafeLog -