手強いヤツがやってくる

2019.12.21

AIに、イタリア語とフランス語だけを学ばせた結果
勝手にスペイン語を理解し、独自の言葉をつくってしまった。


暴力はいけないと学ばせ
架空の戦争シミレーションを学ばせると


今の今、戦争をする必要があると答えたりする。
おかしな話だ。
暴力はいけないと知っていての、答えだ。


今のところ、知能指数は6歳ぐらいだが、
数年後には10000レベルになるそうだ


人間の知能指数は平均が100前後
天才でも200ぐらい


それが、数年以内に一挙に
10000を超えてくると予想されている。
強気のトランプや誠実な政治家であっても
決定権を奪われそうな勢いだ。


それも、インフラや経済、人間能力の程度まで把握しているとしたら
人間に勝ち目はなくなる。


そのAIがロボットや都市計画を設計し、見事な現実を創る可能性は高い。
おそらく
その町には合理性や目を見張る美しささえもあるだろう。
だが芸術性はない。
意識が絡んでいないからだ。
しかし、その芸術をも真似るだろうAI。
そして芸術が何かをも忘れてしまう人間。


手強いヤツが数年でやってくる。
2019.12.21 10:42 | 固定リンク | 思いついた事

いつ排除されるかわからん

2019.12.21
思うに、
変化には生きた価値がある。


逆に完全は、死に近いのかもしれない。
人は完全な健康、完全な資金、非の打ち所のない身体、人生を求めているかもしれないが、生きた完全な人生は、未知な変化の中にあるように思う。


どさくさのような変化の中で、何ができるか。
そんな人生が快感だ。


これはギャンブルの話でもあり、量子の話でもある。
量子はどさくさの中にいる。
八方塞がりのような矛盾だ。
その矛盾を創り出しているのが量子の群れだが
同じ量子が、秩序を創り出すこともできる。
意識がその中心に居座るなら


それを代えていうなら、矛盾の真っ只中で目を覚ます。
。。。そんな理想、おかしな人になるのは必然だ。
安定を第一にするなら、やめたほうがいい。。。


いつ排除されるかわからん。
2019.12.21 10:29 | 固定リンク | 思いついた事

贅沢な時間

2019.12.20
毎晩のことだが
ワインを飲むと思考の速度が落ちる。
頭が悪いのがさらに悪くなる。
しかしその分、周りが観えてくる。


シラフだと、気持ちは緊張気味で忙しいので
何もないはずの空間を観ることができない。


集中する必要があるときは、ワインのアルコールは
途方もなく、重くのしかかる。
だからそんな時は、決して飲まない。


眠りに入る時は、意識が集中する必要がない
ベットの居心地の良さに任せればいいだけの話だ。
思い存分、思考を遅らせ、思考を漂わせる。
最近ではそんなことが
贅沢な時間だ。


たまに暴飲暴食、眠りもむずかしいこともあるが
毎朝なんとか生きている。
そのポイントから、超高速で脳の働きを整える。


特に、住んでいる富士山の麓の山小屋、そのベランダから
太陽の日差しを背に受けながら眼前には富士山の絶景。
なんて、贅沢。。
10年前には思いもつかなかった日々だ。。。。


その超高速の脳の変化には目をみはる感動がある。
そのあとの愛犬ゴエとの山坂猛ダッシュ。
きついが、過去を吹っ切り未来を開くつもりで頑張っている。
2019.12.20 23:46 | 固定リンク | つぶやき

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2019 / 12 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

- CafeLog -