オーラが完全に復帰する

2019.12.05
ある人は身体が思うように動かないので、寝たきりだ。
ある人は、感情が思うように表現できないので、胃腸や子宮が下垂したり腫れたりして表現している。
ある人は、他人の目が怖いので引き篭って、過去の連想を繰り返している。


私たちは、身体と感情と心がある。
この3っつ共に、意識とぴったりと連れ添っている人はなかなかいない。


この3っつがヨタヨタしながらも助け合い、統合され始めると大いなる自由がやってくる。
これが、冒険の準備である。


医学は、これら3っつを別々のものだと考えているが、この3っつは助け合うことができるのだ。

もし、これらのことを別々のものだとするなら、上記の問題は難問になるのは当たり前だ。

具体的に

身体が不自由な時に、感情と精神がこの状態を救うことができる。
感情に飲まれ、ホルモンがバラバラに暴れていても、身体と精神が救うことができる。
精神力が、乏しくなっても、身体と感情が助けることができる。


東洋医学は5行説を主張しているが、量子の観点は、この3っつが要素だから簡単だ。
わけのわからない木火土金水よりも
体、感情、心の方が理解しやすい。


身体が不調な時は身体に原因があるといい
感情がブレている時は、原因が感情にあるといい
心の問題があるときは原因が心にあると言う
論理的には、全く正しいが、これは常識の虚構だ。


身体が元気のない時は、心を大きく使い感情を小さく意識する。
ホルモンバランスを失い感情が揺れている時は、身体を大きく使い心を小さく意識する。
心が萎えそうな時は、感情を大きく使い身体を小さく意識する。


男性の場合は真逆だ。

この身体と心と感情が、三つ巴のように補い合うと
完全な結婚が、意識の中に形成される。
同時に身体の周りのオーラが完全な状態に復帰する。

直観のある人はこの法をすぐに体感することだろう。
2019.12.05 10:56 | 固定リンク | 思いついた事

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2019 / 12 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

- CafeLog -