生活上の都合結婚

2019.12.04
最近、結婚率が低下しているらしい。
40年ほど前は20代でほとんどの人が結婚していた。
それほど出会いが多かったわけでもないのに、いつしか気がついたら子供が近くでウロウロしていたって感じだ。


それが、今では男女共独身が目立って多い。
これは個人的には、素晴らしい事だと思う。


その理由として
生活上の都合結婚が少なくなった。
男女共、独自の生き方を求めている。
心の世界、量子の関心が増している。


これだけでも、大きな事だ。

特に、量子の関心は、これから大きくなるのは必然だと思う。
現代、アマゾン、グーグル、楽天などの情報化産業が時代の波に乗ってる感じだが、この産業さえ凌ぐことは、火を見るより明らかだ。


世界全体が、便利さや速さを競うかのように進展し、これから更にAIがその威力を見せつける。
今はなんとか、人間の方が利口だが、これが大きく逆転する。
AIの速さは加速しているが、人間の能力は低下するだけではなく諦める。


圧倒的な依存時代になる可能性だ。
そうなると、誰も結婚もしないだろうし、楽チンを選択し苦労もしたくなくなる。自分の意識さえ手放すかもしれない。


そのように、著名な少なからずの社会学者が警笛を鳴らしている。

しかしだ
思うに、人間はそんな状況を踏まえ準備するに違いない。


量子の認識が高まるに従って
意識の使い方をマスターしようとする運動が起きる。


AIは過去の知恵だ。最小限の努力で最大の利益を得ようとする知恵だ。
しかし、
意識は全知全能の能力を持って未来を変える冒険家だ。
AIに唯一できないのは、冒険なのである。
2019.12.04 22:50 | 固定リンク | 思いついた事

その時がターニングポイント、助け船がやってくる。

2019.12.04
助け舟とは、子供の頃に置いてきた大きな意識だ。
置いてきたと、、、そう思っていたそのものが


妙なことから戻ってくる。

宗教っぽいけど本当だ。

今まで、目標をしっかり立て頑張ってきた
その方法は功を奏した。


しかし、それは自分に強いた努力だった。
大人になったら、自分に強いても身体は従わなくなる。
身体には身体の理屈がある。


もう一つ背後からやってくる風に乗るアートがある。
その風は、意識の軍勢のようだ。
その軍勢は、不思議にも私たちの意図に従う。


その関係は少し複雑に感じるかもしれないが、単純だ。

意識が母親だとする
私たちはその子供だ。


軍勢とはなんだろうか
それは、たくさんの友人、先生、悪ガキになる。


母親は、私たち子供を見守る存在で、
 このあらゆるものを、創り出す力ではあるが、
 自分で勝手に創り出すことはしない。
 子供の想いを見て、必要な友人や悪ガキを創って送り出す。
それが軍勢だ。


もし、子供がバカヤロウと言っているなら、もっと多くのバカヤロウを創って送り出す。
だが、ここで逆のことも起こり得る。


そのバカヤロウを超えた心の内側を見続けるなら、光を放ってバカヤロウを消し去る。

結局のところ、光とは置いてきた意識そのものだ。
その全貌に気づく事が、ターニングポイントになる。


そのたびに、微細な光がまとわり、より若く美しくなってくるのだから。
つまり時間が逆転し始める
2019.12.04 13:29 | 固定リンク | 思いついた事

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2019 / 12 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

- CafeLog -