アインシュタインの娘に宛てた最後の手紙は東洋の叡智だ

2019.12.13
ある人は猫をこよなく愛している。
ある人は、自分自身をこよなく愛しているナルシストだ。
ある人は食欲や性欲をこよなく愛している。
ある人は、お金を愛している。
ある人は、評価を愛している。
ある人は、夢を愛している。


。。。愛している、その対象は、どれでもいい。
愛があれば、それだけで大丈夫だ。
愛がなくなれば、この世界から消えざるを得ない。


その愛が、真実であるかないかもどうでもいい。
愛がなくなれば、この世からただ消える。


この愛が偽物でもいい。
偽物を愛する、愛がある。


それだけでも、人は生きることができるのだ。

なぜだろうか
意識なくして生きられない。
同様に愛なしで生きられない


愛そのものが、意識であるからだ。

愛は引き寄せる力であり、
意識も引き寄せる力だ。
その違いは、
意識が愛になるか
愛が、意識になるかの違いぐらいなのだろう。


では、ここで
量子だ
現在、量子力学の大家はグラビトン量子にはまっている。
重力子だ。


この謎が、解ける頃、世界は一変するだろう。
全てが許される可能性がある。
犯罪者も詐欺師も、支配者も全てこの世に
あるものは愛から創造されているからだ。


この世界に彩りを創るものは、何を愛するかであるが、
その原動力は愛であり、意識だ。

憎しみのエネルギーなどはないことになる。

だから、正邪を含めて創造するのに
愛そのものの力を必要としている。


引き寄せる力を引力というが、
ここでは、引力そのものが愛だ。
つまり、この世界を形あるものにしているのは
引力であり愛の意識ということになる。
もし、引力がなければ、反発力もなくなる。
そうなると、この世界は創造も破壊もなくなる。
全てが消えることになる。


だから人は、何を愛しても
全て正しいのだ。


憎しみを愛したとして、
単にその人は憎しみを引き寄せる。
その結果に憎しみそのものを体験の中で知るのだから
ある意味、辛いが学びになる


初めから無償の愛を愛することを諭されると、
その人が無償を体験するだけで、妙なことになる。


だが、この学びによって、無償の愛にその人の愛が
近ずいたとすると、話は別だ。


意識する対象がなく、観察しているのが愛だけになるなら
これは、大きな可能性を開くことになる。


意識が何もない空を観察すると
意識が元の意識に戻ってゆく意識の法だ。
そのことによって、意識の爆発が起こると
東洋の賢者たちが口を揃えて力説している光明と言われる
意識の爆発に至る。


同じようなことを、
アインシュタインが娘に送った手紙のなかで述べている。
愛の爆弾のことを
それは、おそらく意識の爆発と同意語だろう。


アインシュタインの娘に宛てた最後の手紙
https://www.youtube.com/watch?v=hDQT2Ue0VZU



2019.12.13 17:48 | 固定リンク | 思いついた事

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2019 / 12 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

- CafeLog -