猫ちゃんとワンちゃん

2019.12.17
一般的に
食べるのが早いの方が頭が良く
逆に遅い人は、感覚的に優れている傾向がある。

その謎が、解けた。

私の家に、2ひきの猫と1匹のワンちゃんがいる。
その食べ方を、見ていると
猫は舌をよく回し頭まで回しながら
美味しそうに食べるが、ワンちゃんと
言ったら舌も顔もまっすぐにして瞬間だ。
まるで、うちのかあちゃんだ。
うまそうな時は、一層食べるのが速い。

猫は舌の奥の部分をよく使っているが、
犬は舌先で一瞬に食道まで運んでしまう。

味を感じる時間などない。
しかし、舌の先が反射的に美味いかどうか
判断できる。

これを人間に当てはめると
こんな感じだ

頭のいい人は、舌の先が鋭敏だ
感覚的な人は、舌の奥の味覚が豊かだ。

これは、おそらく子供の頃からの
習慣になっているだろう。

だから指摘して云い聞かせても出来ない。

ここで、量子場が登場する。
ゲート32の技術で潜在意識と顕在意識の
タイミングを修正する。

あっという間だ。
そのことで、頭のキレと感覚の楽しさ
両方を手に入れることができる。
びっくり仰天だ。

ちなみに私の場合は、
猫よりも長く味わっているせいか
思考が遅くて周りについていけない
ことしきりだ。
2019.12.17 17:21 | 固定リンク | 思いついた事

悪いな!

2019.12.17
未来のゲートを開く
そんなことができるのか


できるのさ。
クリスタルゲート32だ。


この中に
ゲートを開く五つの技術が設定されている。
その中の一つが
未来のゲートを開くことだ。


どんな風に

簡単に説明すると
どんな人も思いが現実になればいいと思っているが、
そのようにならないのに、理由がある。


1番の問題は、
タイミングの問題だ。


思いを描いた時に、目の前が思考の渦で曇っている
少なくとも、その瞬間は思考の渦を止めなくてはならない


しかし、そんなことは難しい。

だが、ノウハウがある。
思考の渦を一定方向に回転するんだ。
そうすると、意識の中心に何もない、空間が現れる
その瞬間に、ビジョンのタイミングを合わせる。


そのことで、意識が直接ビジョンを観る。
つまり神が直接現実を創造し始めるのさ。


欲でいっぱいの人間でいるなら、本来創造などできない。
できるのは、過去の繰り返しや人真似ならできる。


創造は自分ではなく意識が
直接創造していることに
気がつかなければならない。


その回転のノウハウを教えて欲しいって
技術はクリスタルゲート32でこっそり教えるけど
思考の回転法に関しては
量子場師が日本全体を包むまで
秘密だ。
悪いな!
2019.12.17 16:56 | 固定リンク | つぶやき

10人に一人

2019.12.17
アメリカに来るたびに思うことだが、
どうしてあんなに太っている人が多いんだろう。
前後の幅が身長に迫るぐらいの肥満体
10人に一人ぐらい。


相撲取りはそんな感じだが、彼らは
相撲取りとは思えない。


おそらく食べる量に関係しているのだろう。
そんなところから、
人は何のために食べるのか考えてみた。


ある人は、未来のために食事をする
ある人は、ご褒美として食べる
ある人は、惰性で食べる
ある人は、食べたいから食べる
ある人は、何年も食べたことない。


その食べ方によって
身体の傾向が決まるのかもしれない。


きっと未来のために食べる人は自然体
ご褒美で食べる人は、肥満していいる。
惰性で食べる人は、ぼんやり
食べたい時だけに食べる人は、筋肉質
何年も食べたことがない人は、わからない。


ここで、自分に問いかけた。
そういえば、ご褒美型だ
夜になると、ここぞとばかり暴飲暴食型だ。
ここ10年ぐらいメタボ傾向になっている。


そこで、考えた。
考え方を変えよう。


妻かあちゃんのように、未来のために
食べよう。


そしてもっと未来を創造しよう。
今まで、朝起きるとお腹がいっぱいの時も多かった。
2019.12.17 01:20 | 固定リンク | つぶやき

アインシュタインの娘に宛てた最後の手紙は東洋の叡智だ

2019.12.13
ある人は猫をこよなく愛している。
ある人は、自分自身をこよなく愛しているナルシストだ。
ある人は食欲や性欲をこよなく愛している。
ある人は、お金を愛している。
ある人は、評価を愛している。
ある人は、夢を愛している。


。。。愛している、その対象は、どれでもいい。
愛があれば、それだけで大丈夫だ。
愛がなくなれば、この世界から消えざるを得ない。


その愛が、真実であるかないかもどうでもいい。
愛がなくなれば、この世からただ消える。


この愛が偽物でもいい。
偽物を愛する、愛がある。


それだけでも、人は生きることができるのだ。

なぜだろうか
意識なくして生きられない。
同様に愛なしで生きられない


愛そのものが、意識であるからだ。

愛は引き寄せる力であり、
意識も引き寄せる力だ。
その違いは、
意識が愛になるか
愛が、意識になるかの違いぐらいなのだろう。


では、ここで
量子だ
現在、量子力学の大家はグラビトン量子にはまっている。
重力子だ。


この謎が、解ける頃、世界は一変するだろう。
全てが許される可能性がある。
犯罪者も詐欺師も、支配者も全てこの世に
あるものは愛から創造されているからだ。


この世界に彩りを創るものは、何を愛するかであるが、
その原動力は愛であり、意識だ。

憎しみのエネルギーなどはないことになる。

だから、正邪を含めて創造するのに
愛そのものの力を必要としている。


引き寄せる力を引力というが、
ここでは、引力そのものが愛だ。
つまり、この世界を形あるものにしているのは
引力であり愛の意識ということになる。
もし、引力がなければ、反発力もなくなる。
そうなると、この世界は創造も破壊もなくなる。
全てが消えることになる。


だから人は、何を愛しても
全て正しいのだ。


憎しみを愛したとして、
単にその人は憎しみを引き寄せる。
その結果に憎しみそのものを体験の中で知るのだから
ある意味、辛いが学びになる


初めから無償の愛を愛することを諭されると、
その人が無償を体験するだけで、妙なことになる。


だが、この学びによって、無償の愛にその人の愛が
近ずいたとすると、話は別だ。


意識する対象がなく、観察しているのが愛だけになるなら
これは、大きな可能性を開くことになる。


意識が何もない空を観察すると
意識が元の意識に戻ってゆく意識の法だ。
そのことによって、意識の爆発が起こると
東洋の賢者たちが口を揃えて力説している光明と言われる
意識の爆発に至る。


同じようなことを、
アインシュタインが娘に送った手紙のなかで述べている。
愛の爆弾のことを
それは、おそらく意識の爆発と同意語だろう。


アインシュタインの娘に宛てた最後の手紙
https://www.youtube.com/watch?v=hDQT2Ue0VZU



2019.12.13 17:48 | 固定リンク | 思いついた事

養女のように見送った乙女が

2019.12.12
あるカップルが結婚の夢を馳せて、ごはん茶碗を物色している。
二人の熱々気分が、その観察に夢が乗る。


その時の、微塵も疑いのない想いが、その茶碗を芸術品に変える。
量子だ
愛という途方もない意識が。。。
そこに神が乗り移る。
10年、いや永遠という長い年月を超え、その芸術品は、その疑いようのない愛を保時する。


斯くして、人は芸術家だ。
その茶碗を創った、芸術家の芸術を超え芸術の上書きだ。


だから、芸術家は人を観る。
愛する子供を養女に出すように、その人に夢を託している。


量子場調整は、技術であるが、芸術なのだ。
その夢を、託している。
その上書きが素晴らしくできるように、
その芸術の精度を上げようとしている。


なんのために
最高の芸術になるためって言ってるだろ。
2019.12.12 06:27 | 固定リンク | 思いついた事

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2019 / 12 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

- CafeLog -